So-net無料ブログ作成
検索選択

「入門者のExcel VBA」最初の一冊に最適

入門者のExcel VBA 立山秀利 講談社ブルーバックス





Excel VBA勉強の最初の一冊としてよかった。

売上表から、請求先毎の請求書を自動で生成するプログラムを一から順に作る、
その過程を通じてvbaの基礎を身に着けることができる。

実際に具体的なものを作るから、ここでこういう命令を書く必要がある、というのが腑に落ちやすい。

条件分岐や繰り返しもわかりやすく説明されている。

この本では操作の対象はセルと複数のワークシートだけど、複数のブックでも一緒なんだろうな。異なるフォルダに入ってる複数のブックでも同じようにできるんかな。

---

メモ

Alt +F8 マクロの起動
Alt + F11 VBE(エディタ)の起動

---

疑問

With Worksheets("Sheet1")
.Range("A1").Value = 100
.Range("B1").Value = "Excel"
.Range("C1").ClearContents
End With

もまあ、いいけど、

Dim ws1 As Object
set ws1 = Worksheets("Sheet1")
ws1.Range("A1").Value =100
ws1.Range("B1").Value = "Excel"
ws1.Range("C1").ClearContents

とかの方が明示的でありつつ改変の容易さを提供できていいような気がするんだけどなあ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。