So-net無料ブログ作成
検索選択

pure-ftpdをapt-get removeしてdpkgで確認

Debian系管理 - chimdon.com


dpkg -l

インストール済みパッケージを一覧表示
参考:[debian-users:40865] dpkg -lでの出力での「rc 」の意味について

ii
出力結果の行の先頭に「ii」が表示されているものは、インストール済みということ。
rc
出力結果の行の先頭に「rc」が表示されている場合。
「r」は削除済みを意味する。
「c」はコンフィグファイルが残っていることを意味する。
dpkgコマンドでパッケージを削除する際にコンフィグファイルを残すかどうかを決めている要素は、パッケージの作成時点で決定される。




そうか。cはconfigのcか。apt-get remove pure-ftpd
で削除して、
dpkg -l | grep pure-ftpd
てやると、
rc pure-ftpd 1.0.24-1 Pure-FTPd FTP server
ii pure-ftpd-common 1.0.24-1 Pure-FTPd FTP server (Common Files)
とかなってた。
はーん。
pure-ftpd-commonも別途removeしないとだめなのか・

あれ?apt-get remove pure-ftpd pure-ftpd-commonしたけど、まだこのホストにpure-ftpdでログインできるのはなんでだ?削除したら即座に接続不可になるんじゃないの?

nmap -F localhost
でみても

PORT STATE SERVICE
21/tcp open ftp

ばっちりポート空いてるし。ポートの開け閉めは別のコマンドでやるんか?

---

まあ再起動したら閉じたけど。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。